大宮高校の沿革

 

昭和 2年 財団法人成均学園高等女学校設立
昭和 4年 大宮農園学校設立
昭和 9年 埼玉県大宮高等女学校設立
昭和17年 財団法人大宮実科工業学校設立

 

大宮農商学校 校門・校舎(昭和17年4月)

大宮農商学校 校門・校舎(昭和17年4月)

片倉学園工農学校 校舎(昭和21年)

片倉学園工農学校 校舎(昭和21年)

 

昭和24年 埼玉県大宮第一高等学校と校名変更
昭和26年 埼玉県大宮第一高等学校と埼玉県大宮女子高等学校を結合し、埼玉県立大宮高等学校と校名変更

 

大宮高等女学校(桜木町校舎)

大宮高等女学校(桜木町校舎)

旧正門、旧校舎(昭和20年代)

旧正門、旧校舎(昭和20年代)

 

昭和46年 県移管20周年並びに校舎改築落成記念式典を挙行
昭和62年 帰国子女受入校に指定、以後ALT常駐

 

photo05

旧玄関前(昭和30年頃)

photo06

本校全景(昭和32年)

 

平成 3年  理数科設置
平成 8年 創立70周年事業記念式典・姉妹校提携調印式を挙行
平成 9年 新生徒ホール「やまぼうし会館」竣工
平成14年 65分授業が始まる
平成15年 2学期制(前期・後期)が始まる
平成17年 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に5年間指定される
平成18年 創立80周年事業等記念式典

 

photo07

正門・校舎

やまぼうし会館

やまぼうし会館