第21回ウォーキング会のご報告と参加記

投稿日時:2019/12/20 1:35 PM
お知らせカテゴリー:ウォーキング同好会

[ご報告]

2019年11月23日(土)に大高やまぼうし会の第21回ウォーキング会が開催されました。天候はあいにくの小雨模様となりましたが、43名と多くの同窓生の参加があり、渡良瀬遊水地や三県境等のその近辺の文化遺産を楽しく元気よく完歩しました。

ウォーキング会終了後は、大宮駅に戻り懇親会を開催しました。そして、その日の思い出や懐かしい高校生時代の昔話に花を咲かせました。

次回のウォーキング会は来年(令和2年)3月28日(土)に第22回ウォーキング会を開催予定です。開催場所は、新1万円札の顔になる埼玉県出身の偉人渋沢栄一ゆかりの地、東京王子にある飛鳥山の渋沢栄一記念館を中心に、その近辺を桜を見ながら散策する予定です。多くのご参加者をお待ちしております。

(同窓会事務局)

 

[参加記]

やまぼうし会の松田先輩に誘われて初めて参加させて頂きました。当日はあいにくの天気でしたが、大勢の方が参加されました。

先ずは三県境へ
埼玉県と栃木県と群馬県の境目の杭があり三歩?で三県を巡る事が出来る場所で、皆さん楽しそうに三県巡りしていました。案内係の松田先輩によると、県境は、山の上か、川の中が多く、歩いて行ける三県境は全国的にも珍しいそうです。

その後、道の駅きたかわべで食事休憩後、いよいよ渡良瀬遊水地へ。遊水地内の道路は、広くて車も入れないので周りの景色を見ながらぶらぶら。やまぼうし会の貸切状態です。10月の台風時には、周囲30Kmの遊水地湿地帯が雨でいっぱいになり洪水を防いだとか散策した街路樹のてっぺん迄水が溢れたと言う話を聞き感心しきり。

一巡りした後、所用があり、先に失礼させていただきましたが、帰宅後、頂いた地図を広げると歩いた部分は、全体のほんの僅かで遊水地の広大さにビックリ!一緒に参加した妻も「晴れの時にまた行きたいね」と言っていました。

名雲会長自ら写真撮影その他精力的に動いていただき、また、他の幹事の方々も受付や写真撮影、列の先導等、しっかりやって頂いたおかげで楽しいウォーキング会になりました。日頃運動不足を嘆く方々!是非やまぼうしウォーキング会に参加し健康増進のきっかけを作りましょう!

(第26回卒 波多野吉和)