第16回大高やまぼうし杯ゴルフコンペに参加して

投稿日時:2016/11/11 6:38 PM
お知らせカテゴリー:ゴルフ同好会

第19回卒 熱田俊博

第16回大高やまぼうし杯ゴルフコンペは、平成28年10月24日(月曜日)群馬県の名門ツインレイクスカントリークラブで開催されました。

雲一つない秋晴れのもと、穏やかな日差しが降り注ぐなか紅葉の山々を背景に南雲会長の「今日はプレーヤーとして参加します。」との力強い挨拶を受け、いよいよ9組36名の精鋭たちは、久しぶりの再会でゴルフができる喜びを胸にティグランドに立ちました。

今回、執筆を担当する小生は、19回卒昭和25年生まれの65歳で今年から年金生活が始まり、いよいよゴルフ三昧人生のスタートとして意気込んで参加しました。

我がチームは、シャンクに悩む同期のW君、華麗なスイングの先輩Oさん、若くして年金生活を始めた後輩のK君とベストメンバーでインコースの1組目からティグランドに立ちました。スタートホールで若さの後輩はボギー、他の3名はダボ、トリとまあ普通に楽しく無難なスタートでした。

同窓の仲間と同じ芝生の匂いを嗅いで、何とも言えない心地よい安心感のある至福の時がゆっくりと流れるなか、大好きなゴルフをプレーする喜びを身体じゅうの細胞に十分満たされて、大高やまぼうし会の恵みと幹事に感謝です。

2ホール目以降は、意気込んでナイスショットのつもりが、「山本リキンダ」と斜面に引掛け、起死回生の研ぎ澄ましたショットは、バーディーチャンスと思いきや「淡谷ノリコ」とグリーンを外し、「カンダ正輝」と寄らず入らずのこれがいつものゴルフです。

ゴルフの心は、限りなき探求心とロマン、ダボ叩こうとトリプルボギーが出ようと明日は見ていろ、向上心を忘れずにパープレーを目指して夢を見る。

そして表彰式、優勝:石塚さん、準優勝:坂本さん、3位:臼倉さん、ベストグロスは81で3位の臼倉さんと上位3名を17回卒が独占してしまう、なんとも驚きの結果が出ました。

それでは、大高やまぼうし会のこよなくゴルフを愛する皆様、敬愛する仲間たちよ、また来年お会いしましょう。

以上

成績および参加者

優 勝 石塚 幸治 (17回卒)
準優勝 坂本 悟 (17回卒)
3 位 臼倉 登 (17回卒)
ベスグロ賞 臼倉 登 (17回卒)

以下参加者

小林 一朗 7回卒 山田 元一郎 11回卒 小金井 肇 11回卒
岸 秀夫 14回卒 菊地 淳子 15回卒 大川 朋子 15回卒
原田 陽子 15回卒 五明 顕二 15回卒 銭場 三美 16回卒
池田 成三 16回卒 安実 浩祐 16回卒 飯島 清 16回卒
須永 勇 17回卒 小島 光男 17回卒 鎌田 真人 17回卒
柴崎 良一 18回卒 守屋 吉康 19回卒 井上 博夫 19回卒
熱田 俊博 19回卒 渡辺 泉 19回卒 町田 英一 22回卒
宇田川 勝 22回卒 笠原 清和 22回卒 野口 誠 22回卒
猪瀬 雄二 22回卒 黒田 毅 22回卒 瀬下 靖彦 22回卒
小島 哲一 22回卒 斉藤 栄一 22回卒 名雲 啓二 22回卒
川村 潔 22回卒 小山内 信也 23回卒 川井 政弘 23回卒

参加者 36名