行田 ウォーキング

投稿日時:2012/06/30 3:00 PM
お知らせカテゴリー:ウォーキング同好会

さきたま緑道、古墳公園、忍城・・・行田市のポイントを歩く

 

時折の小雨にもめげず25名が完歩

 

当初春に予定されていた平成22年度ウォーキングは「東日本大震災」のため約半年遅れて平成23年11月19日に実施されました。雨模様の天気のため参加者はやや減って25名でした。朝9時45分に北鴻巣駅に集まった一行はそれぞれお弁当とお茶を受け取り、晩秋の「さきたま緑道」をおよそ4km歩きました。

次々と現れる彫刻像やぱらぱらと散る落ち葉を楽しみながら、「石田堤」「武蔵水路」を過ぎて、古墳公園である「さきたま風土記の丘」に到着。弁当を食べながら参加者の自己紹介と今日の感想を述べ合いました。皆さん参加して“よかった”と。

県立さきたま史跡の博物館で1400年以上前に金の文字が刻まれた鉄剣「金錯銘鉄剣」を見て感銘し、それが出土した稲荷山古墳と忍城攻めの際石田三成が本陣を構えた丸墓山古墳に登り往事に思いを馳せました。

「水城公園」「浮き城の径」を経て忍藩十万石の面影を残す「忍城」と「郷土博物館」を見学し、道々に微笑む「わらべ銅人形」と語らいながら行田市駅に到着。歩いた距離はおよそ10kmで‘疲れた’、‘ちょうどよい’が半ばしました。バスで吹上駅に出てそこで解散。電車に乗る人、「反省会」に行く人と別れました。

後日、石塚会長のコメント:“天気もぎりぎり何とかなり、楽しいウォーキングで大成功でした。皆さんありがとうございました。”

(10回卒 松田 俊夫)